ロードバイク初心者が知っておくことナビ

ロードバイク初心者が知っておくことナビ

スポンサーリンク

ロードバイク初心者が知っておくことナビ

 

ロードバイク初心者が知っておくことナビ」にご訪問ありがとう御座います!

 

「ロードバイク初心者が知っておくことナビ」のサイトではロードバイクの基礎知識からメンテナンスまで幅広い知識をご紹介していきます。あなたがロードバイクの購入前に知識を吸収して失敗しないよう、少しでもこのサイトがお役に立てれば嬉しいです。

 

 

「ロードバイク初心者が知っておくことナビ」の管理人でもある私は、大阪でサラリーマンをしながらロードバイクを楽しんでいます。私の失敗談なども紹介しながらサイトの運営をしていきますので、応援して下さいね。

 

次回からの訪問は、ロードバイク初心者が知っておくことナビで検索してみてください!

 

ロードバイクの買い物に欠かせない通販ショップ

 

 

英国で人気1の「Wiggle」では、ロードバイクやマウンテンバイク用品が多数取り揃えています。これからロードバイクに乗る初心者から上級者まで「Wiggle」ならきっとお探しの商品が見つかるはずです♪

 

世界でも最大級のオンラインショップを活用してみてください。一定額以上のお買い上げで送料無料です。「Wiggle」のお買い物をもっとお得に購入するためには、バリューポイントクラブを経由して購入するさらにお得に購入することが可能です。4%のキャッシュバックで買い物ができます。初めは登録が必要ですが、フリーメールアドレスで簡単登録しておけば問題なくポイントが受けられるので私も利用をしています。

 

「Wiggle」の詳細はこちらから

オンラインバイクショップWiggle

 

ロードバイク初心者がまず知っておくべきこと(購入編)

 

まずはじめにやることはロードバイクを購入しなければ何も始まりません。気をつけていただきたいことは、ロードバイクを購入する際には通信販売で購入しないことをお勧めします。ネット購入は安くて確かに便利なのですが、ロードバイクはあなたのサイズにあったものを選ぶ必要があるからです。ロードバイクのサイズを身長で選ぶ人もいますが、人は手足の長さも違うものです。実際にロードバイク屋さんに行って試乗してみないと分かりません。なので自転車のサイズが必ず自転車屋さんで計測するようにしましょう!

 

 

ロードバイク屋さんにはちゃんとしたプロが必ずいますので、計測の仕方も教えていただきましょう!安く購入する方法として、店頭でサイズチェックしてからネットで買う方法もありですが、私はやはり自転車屋さんで購入しました。いろいろと教えていただいたのに、やっぱり買わないなんて言えませんでした(苦笑)そんなの気にしない方は、この方法もアリかと思います(笑)

 

 

ロードバイク購入後に用意するものは?

 

ロードバイクを購入すると、必ず必要なものがあります。まずは走るときに必要なものと、メンテナンスに必要なものです。ロードバイクはママチャリと違ってかなりスピードが出ます。あなたの命を守るために「ヘルメット」は必ず購入しましょう。そして夜間に走行するための「ライト」も必須です。あなたが走行するためだけでなく、周りにあなたが走っていることを知らせるための最良の方法です。ロードバイクの場合には、前だけでなく後ろにも付けるようにしましょう。

 

 

あと、カギは必ず必要です。ママチャリと違ってロードバイクは比較的効果なものが多いので、盗難にあってしまうとショックは計り知れません。個人的にオススメなのは支柱などの自転車を繋げる長いカギを購入すると良いでしょう。安心感も違います。ロードバイクは長時間乗ることが多いので、お尻が痛くなるが多いので、快適に走行するためのいろんなロードバイクグッズも探しておきましょう!

 

ロードバイクの値段について

 

ロードバイクの値段は3,4万円から15万円、30万円、100万円とピンキリですね。初心者であったとしても23万円のロードバイクでも良いのですが、やはりここは奮発して15万円から20万円程度のロードバイクを買うことをおすすめします。20万円なんて高いよ!って感じる方も多いと思いますが、しかし、3万円のロードバイクと比較して、23万円のロードバイクは別世界の自転車になりますよ。よくロードバイクとクロスバイクのどちらを買おうか悩む方もいますが、私はやはりロードバイクが良いと思います。

 

 

様々なポジショニングによってスピードが全然変わってくるので、クロスバイクよりも楽しさ満載です!そしてクロスバイクよりも自然体で乗れるということもあります。通勤であれロングライドであれ、必ずヘルメットの着用は忘れてはいけません。ロードバイクのスピードは全くの初心者であったとしても、30キロから40キロで走行することは可能です。そして下り坂にもなると50キロを超えてしまいますので、あまり下り坂でスピード出すのはやめるようにしましょう。

 

 

服装も何でも良いというわけではありませんが、もしロングライドなどを1日中乗るといった使い方をするのであればちゃんとロードバイク用のウェアが売ってますので、こちらを購入することをおすすめします。ただし通勤などで1日30分から1時間程度しか乗らないという方であれば普通の服でなくても構わないと思います。初心者の方は初めてウェアを乗ろう着ようと思ったら、若干の恥ずかしさを感じます(笑)

 

 

ロードバイクがどんどん楽しくなってくると近道ではなくて、わざわざ遠回りをして通勤を楽しみたいといった活用の仕方も多くなってくると思います。そこまでロードバイクにハマったら最高ですね!

 

 

スポンサーリンク

 

ホーム RSS購読 サイトマップ