ロードバイクでダイエットのススメ

ロードバイクでダイエットのススメ

スポンサーリンク

ロードバイクでダイエットのススメ

ロードバイクでダイエット実践プログを公開して実践している方も多いですね。そのくらいロードバイクはダイエットにも人気が高いです。

 

 

なぜロードバイクはダイエットに向いているのか?

 

ダイエットの代名詞でもあるジョギングは効果的なダイエット法です。ダイエットを考えるとまずはジョギングを始めようと考える方も多いですが、ロードバイクでダイエット始めるほうが絶対に長続きしやすいです。

 

 

ジョギングするよりも自転車というのは膝への負担もとても小さくてすみます。足への負担が少ないということは有酸素運動を長時間続けることができるのです。当然、ロードバイクのほうが結果が出ると思いませんか?だからダイエットにロードバイクは向いているのです。

 

 

ダイエットであればママチャリでも問題はありません。しかし、ママチャリは長時間のライドはヒップに負担がかかります。しかしロードバイクであれば長時間のライドでも疲れ知らずなんですよ。スピードも早いですしね。

 

ママチャリよりロードバイク

 

なぜロードバイクはママチャリよりも疲れないかというと、ママチャリは直立姿勢ですよね。つまりお尻に全体重が集中して疲れやすいんです。しかし、ロードバイクは前傾姿勢で力がかかる部分が分散されているのでママチャリよりも疲れにくいんですね。

 

 

実際に私もロードバイクでダイエットをしたことがありますが、かなり痩せます。といいますか、ダイエットを意識しなくてもロードバイクに乗っていれば痩せてくるんですよ。ほんとに・・なのでロードバイクが趣味って方に太っている方は少ないんじゃないですかね。ロードバイクはかなり体力を使うので栄養補給はしっかり摂取しましょう。おそらく食べても間に合わないくらいカロリー消費してくれますよ。

 

基礎代謝もUP!

 

ダイエットで重要なのはやはり基礎代謝です。筋肉が集中している下半身はなんと全筋肉の7割を占めているそうです。それほど足の筋肉は大きいのです。ロードバイクの場合、下半身の筋肉が鍛え上げられます。だから基礎代謝もアップし体脂肪も減ってくるというわけです。ダイエットをしたいならジョギングではなくロードバイクがお勧めです。

 

ロードバイクの買い物に欠かせない通販ショップ

 

 

英国で人気1の「Wiggle」では、ロードバイクやマウンテンバイク用品が多数取り揃えています。これからロードバイクに乗る初心者から上級者まで「Wiggle」ならきっとお探しの商品が見つかるはずです♪

 

世界でも最大級のオンラインショップを活用してみてください。一定額以上のお買い上げで送料無料です。「Wiggle」のお買い物をもっとお得に購入するためには、バリューポイントクラブを経由して購入するさらにお得に購入することが可能です。4%のキャッシュバックで買い物ができます。初めは登録が必要ですが、フリーメールアドレスで簡単登録しておけば問題なくポイントが受けられるので私も利用をしています。

 

「Wiggle」の詳細はこちらから

オンラインバイクショップWiggle

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

関連ページ

タイムスケジュールをしっかり考えておく
タイムスケジュールをしっかり立ててコースプラニングをするとやはりスムーズに ロングライドを楽しむことができます。
ロングライドの距離を伸ばす方法
ロードバイクに乗っている人にとっては、やはりロングライドがとても魅力的です。
機材のトラブル解消法
まずロングライド中に機材が壊れてしまうケースがあります。 なので、事前点検が何よりも大切になります。
ロングライド(ロードバイク)での応急処置
ロードバイク(ロングライド)での応急処置をしなければならない状況はよくあります。
ロングライドで大切な心拍計
ロングライドでは休息や栄養補給がとても重要になります。 やはり長時間運動していると、あなたの体力もどんどん消耗してきますので 休息や補給が必須となるのです。
ロングライド時の栄養補給について
ロングライドで途中で休息したときに栄養素を補給しなければなりません。 この時に、一番補給したいのが、ご飯やパンなどをです。
走行時(ロングライド)に痛みが出てきたら・・
ロードバイク(ロングライド)で走行をしていると、長時間なので同じフォームで 運動続けるというのはとても体力を消耗してしまいます。
休息の回数はどのくらい?(ロングライド)
ロングライドでは、適度な休息は必ず必要になってきます。
休息・補給のタイミング
ロードバイクのロングライドなどを計画したときに、計画段階で休息や補給の タイミングを事前にシュミレーションすることも大切です。
コースプランニングの秘訣
ロングライドなどのコースプランニングを考える時に一番のお勧めは、幹線道路を主体にした シンプルなコースにすることです。
公共交通機関と平行するコースプランを(ロングライド)
コースプランニングを考えるときに、やはり補給ポイントがあるコースを プランニングしすることをおすすめします。
絶景ポイントをコースプランに(ロングライド)
上級者の方がおっしゃっていたんですが、やはりロングライドを試し楽しむ1つの方法として 絶景ポイントを入れることがやはり重要ですね。
トライアスロンバイクの選び方
トライアスロンに参戦しようと考えたときにまず考えるのがトライアスロンバイクの選び方ですね。
ロードバイク初心者は「ハンガーノック」に気をつけよう
ロードバイクの初心者が陥りやすい危険な状況・・つまり「ハンガーノック」になってしまうことです。

ホーム RSS購読 サイトマップ