ロングライドの距離を伸ばす方法

ロングライドの距離を伸ばす方法

スポンサーリンク

ロングライドの距離を伸ばす方法

ロードバイクに乗っている人にとっては、やはりロングライドがとても魅力的です。
ただ、ロングライドは脚力だけで頑張ろうとするとどうしても疲れてしまって
途中で投げ出してしまう。そんな方多いのではないでしょうか・・・

 

 

ロードバイク上級者の方の話では、「ロングライドでは脚力だけではなくスキルも使ってください!
という方方が多いですね。

 

 

このスキルを向上させると、効率的に低燃費で自転車を漕ぐことが可能になるので
より少ない脚力で漕ぐことが可能になります。
同じ脚力の人であったとしても、スキルがある人は余裕があります。

 

 

ロングライドを挑戦する上で、やってはいけない事はまだ100キロのロングライドに
チャレンジしたこともないのに、200キロのロングライドに挑戦する・・・
これは正直言って無謀です。

 

 

経験を積むことによって、コツコツと積み重ねていくことが200キロのロングライドの
近道ということになります。

 

 

一番重要なのは、段階的に少しずつ距離を伸ばしていく練習をすること。
これに尽きますね。

 

 

ただスキルをアップといってもこのスキル自体は、脚力などのタイムで測れるものではない
ために、とても自分で判断するのは難しいと思います。なのでもしあなたの周りに上級者の方が
いらっしゃるのであれば、その方にジャッジしてもらうということも重要です。

 

 

根性とか頑張るとか・・・
ロードバイクは楽しいものでなければなりません。
苦しいばかりでは楽しくないですよ。

 

 

やっぱり笑顔で楽しくロングライドすることが何よりも一番大切です。

 

省エネライディングのすすめ

 

ロングライドやレースでも基本的には同じポジションが重要です。
一番のポイントとして、上半身をリラックスすることがとても重要です。

 

 

なぜならば上半身に力入っているとやっぱり腕・肩に力が入ってしまうので
長距離を走っているととても疲労します。

 

 

緊張しすぎると、やはり全てにおいて無駄なエネルギーを使っていますので
体力の消耗もとても速いです。同じポジションでありながら上半身はリラックス
させてあげることが重要なポイントです。

 

 

上半身だけでなく体全体のエネルギーをセーブしながら前に進んでいきましょう。
あと、上り坂になると上半身を屈んでしまう人が多いんですが屈まない方が良いです。

 

 

もし、苦しいのであれば、へそに向かってハンドルを引いていくという意識を持って
ペダルを漕ぐと良いでしょう。

 

 

 

下りの場合は上半身を屈んでリラックスして漕いでいきましょう。
何事も力が入っていては、体力を消耗するだけですよ。

 

ロードバイクの買い物に欠かせない通販ショップ

 

 

英国で人気1の「Wiggle」では、ロードバイクやマウンテンバイク用品が多数取り揃えています。これからロードバイクに乗る初心者から上級者まで「Wiggle」ならきっとお探しの商品が見つかるはずです♪

 

世界でも最大級のオンラインショップを活用してみてください。一定額以上のお買い上げで送料無料です。「Wiggle」のお買い物をもっとお得に購入するためには、バリューポイントクラブを経由して購入するさらにお得に購入することが可能です。4%のキャッシュバックで買い物ができます。初めは登録が必要ですが、フリーメールアドレスで簡単登録しておけば問題なくポイントが受けられるので私も利用をしています。

 

「Wiggle」の詳細はこちらから

オンラインバイクショップWiggle

 

 

 

スポンサーリンク

 

関連ページ

タイムスケジュールをしっかり考えておく
タイムスケジュールをしっかり立ててコースプラニングをするとやはりスムーズに ロングライドを楽しむことができます。
機材のトラブル解消法
まずロングライド中に機材が壊れてしまうケースがあります。 なので、事前点検が何よりも大切になります。
ロングライド(ロードバイク)での応急処置
ロードバイク(ロングライド)での応急処置をしなければならない状況はよくあります。
ロングライドで大切な心拍計
ロングライドでは休息や栄養補給がとても重要になります。 やはり長時間運動していると、あなたの体力もどんどん消耗してきますので 休息や補給が必須となるのです。
ロングライド時の栄養補給について
ロングライドで途中で休息したときに栄養素を補給しなければなりません。 この時に、一番補給したいのが、ご飯やパンなどをです。
走行時(ロングライド)に痛みが出てきたら・・
ロードバイク(ロングライド)で走行をしていると、長時間なので同じフォームで 運動続けるというのはとても体力を消耗してしまいます。
休息の回数はどのくらい?(ロングライド)
ロングライドでは、適度な休息は必ず必要になってきます。
休息・補給のタイミング
ロードバイクのロングライドなどを計画したときに、計画段階で休息や補給の タイミングを事前にシュミレーションすることも大切です。
コースプランニングの秘訣
ロングライドなどのコースプランニングを考える時に一番のお勧めは、幹線道路を主体にした シンプルなコースにすることです。
公共交通機関と平行するコースプランを(ロングライド)
コースプランニングを考えるときに、やはり補給ポイントがあるコースを プランニングしすることをおすすめします。
絶景ポイントをコースプランに(ロングライド)
上級者の方がおっしゃっていたんですが、やはりロングライドを試し楽しむ1つの方法として 絶景ポイントを入れることがやはり重要ですね。
トライアスロンバイクの選び方
トライアスロンに参戦しようと考えたときにまず考えるのがトライアスロンバイクの選び方ですね。
ロードバイク初心者は「ハンガーノック」に気をつけよう
ロードバイクの初心者が陥りやすい危険な状況・・つまり「ハンガーノック」になってしまうことです。
ロードバイクでダイエットのススメ
ロードバイクでダイエット実践プログを公開して実践している方も多いですね。 そのくらいロードバイクはダイエットにも人気が高いです。

ホーム RSS購読 サイトマップ