ロードバイクの練習法について

ロードバイクの練習法について

スポンサーリンク

ロードバイクの練習法について

ロードバイクはスポーツサイクルで通常の自転車とは少し違います。
なので、通常の道を走りこなすためには当然練習をしなければなりません。

 

 

通常のママチャリに慣れている人は、ロードバイクとはかなり運転する姿勢が
違いますので、この辺の慣れも必要になってきます。

 

 

ロードバイクにいきなり乗ると体制が非常に辛いと感じることもあると
思いますが、この辺は筋肉トレーニングなどを活用することによって、
体も楽にロードロードバイク乗りこなせるようになるはずです。

 

 

もしあなたたがロードバイクに乗りたいと考えたのであれば、まずは上半身の
トレーニングを重点的に行っておくとよいでしょう。

 

 

ロードバイクの姿勢は上半身の筋肉を使うことによって支えられているからです。
ロードバイクは実際に道に出て走行するものです。

 

 

頭の中で走行する前にイメージトレーニングなどをして、筋肉トレーニングとは別で
頭の中で練習することも重要になってきます。これらをこなしていくうちにどんどん
危険度は下がってきます。

 

 

乗ってしっかりとイメージコントロールもできるようになりましょう。
ロードバイクも車と同じで、まず走行するときには周囲を必ず確認するようにしましょう。

 

 

色々な車やバイク自転車歩行者など危険な部分もとても多いです。
ロードバイクは基本的に、まず左側に立ち、そして右足をペダルに欠けるというのが
重要になります。

 

 

これは信号などで停止する時に、とても重要になりますので、左足が走行する時に
出ないようにするのも意識しなければいけませんし、漕ぐ時も右からというふうに
常に決めておく必要があります。

 

 

左足は常にロードバイクを支えるという意識を持ちましょう。
ロードバイクを練習する方法は人によって全く違いますが、かなり練習している人に
なると休日一日使って100キロ程度距離を走っている方もかなりおられるようです。

 

 

常に平行の道路のを走行練習するのではなく、アップダウンのある道路も練習にすると
かなり筋肉もついてきますので、お勧めの方法です。

 

 

休みの日には、実際にロードバイクに乗って走る距離を延ばす。
平日では、自宅で筋肉トレーニングなどを行うようにすると良いでしょう。

 

もちろんロードバイクは整備などにも気を配る必要があります。
整備をする重要性は分かりますよね?

 

 

ロードバイクでツーリング行っていると、思わぬ事故が起こる可能性があるからです。
これを事前にチェックしておくと事故も減り、あなたが怪我するリスクも減るのです。

 

ロードバイクの買い物に欠かせない通販ショップ

 

 

英国で人気1の「Wiggle」では、ロードバイクやマウンテンバイク用品が多数取り揃えています。これからロードバイクに乗る初心者から上級者まで「Wiggle」ならきっとお探しの商品が見つかるはずです♪

 

世界でも最大級のオンラインショップを活用してみてください。一定額以上のお買い上げで送料無料です。「Wiggle」のお買い物をもっとお得に購入するためには、バリューポイントクラブを経由して購入するさらにお得に購入することが可能です。4%のキャッシュバックで買い物ができます。初めは登録が必要ですが、フリーメールアドレスで簡単登録しておけば問題なくポイントが受けられるので私も利用をしています。

 

「Wiggle」の詳細はこちらから

オンラインバイクショップWiggle

 

 

 

スポンサーリンク

 

関連ページ

初心者でもロードバイクに乗れるのですか?
いきなり初心者でもロードバイクのに乗れるのかどうか不安という方もいますが、 ママチャリと大差ないです。(笑)ロードバイクでも簡単に初心者でも乗ることが可能です。
ロードバイクの乗り方について
ロードバイクは法律的に軽車両と位置づけられています。 軽車両は基本的には車道を走るということです。
東京サイクリングロードのご紹介
東京でのサイクリングロードを探している方にお勧めのコースを3つ紹介していきます。
荒川サイクリングロードって正式名称では無い!?
荒川サイクリングロードですが、ロードバイク乗ってる人たちの間では有名ですが、実はこの荒川サイクリングロードは正式名称では無いようです。
自転車の時速の平均は?
自転車の時速の平均を気になってる方もいると思いますので紹介しておきます
ロードバイクでストレス発散しよう!
ロードバイクになぜ乗るのか?は人によって用途が違いますが、やっぱり私は楽しむため、そしてストレスを解消 するためにロードバイクをツールとして活用しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ