チューブラー or クリンチャー どっち?

チューブラー or クリンチャー どっち?

スポンサーリンク

チューブラータイヤ or クリンチャータイヤ 初心者が選ぶべきは?

ロードバイクの初心者が悩むポイントの一つとして、クリンチャーにするべきか?チューブラにするべきか?何が違うのか?がよくわかっていないと思います。

 

 

この2つの構造は違いますので色々とメリット・デメリットを勉強しておかなければなりません。ロードバイクの初心者がチューブラとクリンチャーのどちらを選ぶべきかを紹介していきます。

 

 

まずチューブラータイヤは、これはタイヤとチューブが一体化した構造になっているということを知りましょう。チューブラーのメリットとしては、パンクしにくいということがあげられます。やはりタイヤがチューブを包み込んでいる形をしているので、どんなに段差があったとしても、衝撃があってもパンクしづらい構造になっているのです。さらに軽量であるということもチューブラタイヤのメリットになります。軽量かつ強度が高いとなると、このチューブはとても優れたタイヤと言えるでしょう。しかしデメリットはチューブラの場合、パンクしてしまうとタイヤごと交換しなければなりません。このタイヤ交換は、ロードバイクの初心者には少々難しいです。さらに、タイヤ交換のコスパが悪いですね。

 

 

次にクランチャータイヤですが、チューブラータイヤと違ってチューブとタイヤが別です!クランチャータイヤのメリットは、やはりランニングコストが安いということ。チューブを交換するだけで済むのでとても簡単です。そしてグリップ力も高いです。タイヤの断面がチューブラーと比較して接地面積が増えてグリップ力も高まります。しかしこのクランチャタイヤのデメリットとしては、パンクに非常に弱いです。衝撃が加わるとパンクする可能性があります。

 

 

結局のところロードバイクの初心者はどちらを選べばよいのかという考えですが、個人的な意見としてはクランチャータイヤがお勧めですね。何故かというとパンクした時に修理することを考えるとクリンチャータイヤの方が比較的楽にできるので良いです。やはりメンテナンスから考えてタイヤを選ぶようにすると良いのかもしれません。ただ、パンクしにくいのはチューブラータイヤです。

 

ロードバイクの買い物に欠かせない通販ショップ

 

 

英国で人気1の「Wiggle」では、ロードバイクやマウンテンバイク用品が多数取り揃えています。これからロードバイクに乗る初心者から上級者まで「Wiggle」ならきっとお探しの商品が見つかるはずです♪

 

世界でも最大級のオンラインショップを活用してみてください。一定額以上のお買い上げで送料無料です。「Wiggle」のお買い物をもっとお得に購入するためには、バリューポイントクラブを経由して購入するさらにお得に購入することが可能です。4%のキャッシュバックで買い物ができます。初めは登録が必要ですが、フリーメールアドレスで簡単登録しておけば問題なくポイントが受けられるので私も利用をしています。

 

「Wiggle」の詳細はこちらから

オンラインバイクショップWiggle

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

関連ページ

ロードバイクのタイヤ交換の料金について
ロードバイクのタイヤ交換の料金はお店によって違いますが、パンク修理費用は840円程度〜からが主流です。

ホーム RSS購読 サイトマップ