カーボンホイールのデメリットとは?

カーボンホイールのデメリットとは?

スポンサーリンク

カーボンホイールのデメリットとは?

ロードバイクにカーボンホイールを取り付けると軽量化しペダリングへのレスポンスも向上するのは間違いありません。ただ、カーボンホイールにもデメリットもあるので気を付けましょう。初めてロードバイクを購入された方はアルミホイルの方も多いと思いますが、実はカーボンホイールは雨に弱いです。水に濡れるとブレーキ面で制動力が落ちてしまう危険性があります。

 

 

特に下り坂の場合、ブレーキを頻繁に使用しますのでオイルとブレーキの摩擦で熱が発生し溶けてしまう恐れもあります。もしロードバイクのレースなどに参加する人だと、カーボンホイールを使うよりもアルミホイールをつけたほうが良いという考え方もあるようですね。

 

 

カーボンホイールはアルミホイールと比べると衝撃に弱いと言われています。衝撃を加えられてしまうと割れるんですね。街中で走っていると段差が多いので破損してしまうことがよくあるそうです。なので注意が必要ですね。軽いからとってメリットだけではないということも理解しておきましょう。

 

 

カーボンホイールの寿命

 

カーボンホイールはアルミと比べて破壊強度は経年劣化で落ちることはありません。しかしながら、カーボンホイールは炭素繊維を樹脂で固められているので、この樹脂は経年変化が起こります。つまり劣化してしまうと剛性の指標となる弾性率が低下するのです。

 

 

カーボンホイールの寿命はとても長いです。2万キロ〜3万キロは大丈夫だと言われています。しかし衝撃が加わるととても弱いという性質があるようです。そこだけは気をつけましょう。月間で1,000キロ程度走る方であれば2,3年は耐久性はあると思います。

 

ロードバイクの買い物に欠かせない通販ショップ

 

 

英国で人気1の「Wiggle」では、ロードバイクやマウンテンバイク用品が多数取り揃えています。これからロードバイクに乗る初心者から上級者まで「Wiggle」ならきっとお探しの商品が見つかるはずです♪

 

世界でも最大級のオンラインショップを活用してみてください。一定額以上のお買い上げで送料無料です。「Wiggle」のお買い物をもっとお得に購入するためには、バリューポイントクラブを経由して購入するさらにお得に購入することが可能です。4%のキャッシュバックで買い物ができます。初めは登録が必要ですが、フリーメールアドレスで簡単登録しておけば問題なくポイントが受けられるので私も利用をしています。

 

「Wiggle」の詳細はこちらから

オンラインバイクショップWiggle

 

 

 

スポンサーリンク

 

関連ページ

ロードバイクのホイールの種類
ロードバイクのホイールの構造は3つからなっています。 ハブ本体・リム・スポークで構成されています。
ロードバイクのカーボンホイールの利点
ロードバイク初心者が最初に購入するロードバイクでも、カーボンホイールのロードバイクが欲しいという方もおられると思います。

ホーム RSS購読 サイトマップ