ロードバイクのサドルが小さい理由

ロードバイクのサドルが小さい理由

スポンサーリンク

ロードバイクのサドルが小さい理由

一般的な自転車(ママチャリ)などに乗っている方がロードバイクのサドルを初めて見てみたとき、「これってお尻が痛くならないの?」と感じた方多いのではないでしょうか・・・

 

 

実は私もロードバイクに乗ったことなかった時に、ロードバイクのサドルを見てなんだこれは?と思ったものです。しかし意外に思われるかもしれないのですが、ママチャリのサドルはクッションの効いた大きなサドルなので長時間乗っているとお尻の血行が悪くなり疲れるはずです。つまりロードバイクのサドルの方は疲れにくい構造になっています。

 

 

その理由ですが、ママチャリのようなサドルでは接触部分が大きいためにその分、お尻が傷ついてしまう恐れがあります。上半身も直立してしまい体全体の体重がお尻に一点集中することになるのです。これがどういう意味か分かりますよね。

 

 

だから疲労が溜まりやすくなってしまうのです。疲れにくいと自転車にするためにはどうしたら良いのかというと、力が入る部分を分散させてあげる・・・これが1番大切なんです。とにかく力が一点集中してしまうと、そこが必ず疲労します。

 

 

ロードバイクという自転車は、身体に力が入る部分を分散している考え抜かれた高度な自転車であると言えるでしょう。長時間ロングライドするときには、ロードバイク用のサドルが一番疲れない形なのです。なぜロードバイクのサドルがあんなに小さいのかというと、最小限の面積であれば前傾姿勢のライディングポジションがとりやすいわけです。サドルが小さい方が邪魔にならないですよね。

 

 

イメージ的にママチャリのサドルは乗り心地が良さそうですが、長時間走行は向いていないということです。もちろん近くのスーパーの買物に行くだけならママチャリのほうが良いですね。

 

ロードバイクの買い物に欠かせない通販ショップ

 

 

英国で人気1の「Wiggle」では、ロードバイクやマウンテンバイク用品が多数取り揃えています。これからロードバイクに乗る初心者から上級者まで「Wiggle」ならきっとお探しの商品が見つかるはずです♪

 

世界でも最大級のオンラインショップを活用してみてください。一定額以上のお買い上げで送料無料です。「Wiggle」のお買い物をもっとお得に購入するためには、バリューポイントクラブを経由して購入するさらにお得に購入することが可能です。4%のキャッシュバックで買い物ができます。初めは登録が必要ですが、フリーメールアドレスで簡単登録しておけば問題なくポイントが受けられるので私も利用をしています。

 

「Wiggle」の詳細はこちらから

オンラインバイクショップWiggle

 

 

 

スポンサーリンク

 

ホーム RSS購読 サイトマップ