クロスバイクで空気圧がkpaって何?

クロスバイクで空気圧がkpaって何?

スポンサーリンク

クロスバイクで空気圧がkpaって何?

 

クロスバイク空気圧の単位にkPa(キロパスカル)というものがあります。他にもPSI(ピーエスアイ)とかBAR(バール)とかいろいろです。ハッキリ言ってなんでこんなに色いろあるのかなと思ってしまいますね。どれがどれやらよく分からないと思うのは私だけではないと思いますね。今からでも世界基準を作って統一できないのかなとも思います。世界は他の空気圧の単位があるのかもしれませんね。

 

クロスバイクタイヤの空気の入れ方

 

クロスバイクのタイヤの空気入れの方法を紹介します。まず、空気を入れるときは必ずバルブを上側にしましょう。そしてバルブキャップを外し先端のネジを緩めます。この時に必ずバルブの先端をシューを空気を抜きます。なぜ空気を抜くのかというと空気の通り道を確保します。あとは空気入れをセットして空気を入れていきます。あと注意点としてパンク防止剤を入れている場合に空気を入れるときは絶対にバルブを上にして入れて下さい。そうでないとパンク防止剤のシーランチ材が空気とともに噴火してしまいます。気をつけましょう!

 

 

クロスバイクの空気圧は体重で違う?

 

クロスバイクの空気圧は体重別でいろいろ違うんだそうです。空気圧の単位も何のことだかよくわからないくらいあるのに、今度は体重別で空気圧が違うなんてもうチンプンカンプンです(笑)まあ、基本はタイヤにとチューブに書いてあります。クロスバイクの場合にはチューブはタイヤをはずさないと見えないのでタイヤの基準に合わせて不大丈夫だと思います。その指定範囲内で走行する人の体重で適正の空気圧を調整するといった方法になります。

 

クロスバイクブルホーンバーのお勧めは?

 

クロスバイクにはブルホーンバーと呼ばれるハンドル形状のハンドルバーがあります。ちなみにこの「ブルホーン」と呼ばれるハンドルは、先端が牛の角のような感じで前方上側に向かって突出している状態、このような形状のハンドルを「ブルホーンバー」と呼ばれています。

 

 

このクロスバイクのブルホーンバーは初心者はあまりお勧めはできません。クロスバイクのブルホーンバーは、主にロードレースやトラックレース、またトライアスロンなどのタイムトライアルの場合によく使われるハンドルバーの1つになります。このブルホーンバーでは、空気抵抗を減らすことができるので速く走れるといった利点があります。

 

 

このホームページではクロスバイクの初心者を中心にお伝えしているので、ブルホーンバーのおすすめとは言えませんね。ブルホーンバーを使用するとスピードが結構出すぎて、慣れていない形状のハンドルバーを使って事故などを起こしたら危ないのです。やはり上級者の方が使われることをお勧めするます。

 

 

なぜ空気抵抗が少ないかというと、深い前傾姿勢による空気抵抗を減らすことができるので惹きつけの力も使うことができます。もちろん、街乗りやツーリングなどでこのブルホーンハンドルを使用すると、疲れにくいという利点もありますし、ドロップハンドルと比較するとブレーキレバーを握る角度や位置が自然になります。良いハンドではあります。ちなみにフラットバーハンドルのバーエンドにつける形状は、バーエンドバーと呼ばれています。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

関連ページ

クロスバイクのドロップハンドル
クロスバイクのドロップハンドル化に改造を試みようとする方が多いようですが、技術的に難しいというのが現状のようです。
クロスバイクの改造・交換などのメンテナンス
クロスバイクの改造や部品交換などのメンテナンスは、始めは難しいかもしれません
クロスバイクキックスタンドのおすすめは?
ちなみに私も同種のものを購入して、とても使いやすかったのでおすすめできます。MTBやクロスバイクに装着でき26インチ・27インチ・700c兼用の汎用スタンドです。

ホーム RSS購読 サイトマップ