クロスバイクのドロップハンドル

クロスバイクのドロップハンドル

スポンサーリンク

クロスバイクのドロップハンドル化について考えてみる

クロスバイクドロップハンドルを探している方が多いですね。実はこのドロップハンドルはロードバイクのシンボル的な意味合いがあります。ロングライドに適しており長距離を走行する人にとっては最高の形をしたハンドルなんですね。

 

 

究極の形と言ってもよいでしょう!3つのポジションを変化させることができ疲れしらずです。クロスバイクのハンドルは通常、一般車やママチャリ、マウンテンバイクなどに付いている真っ直ぐなハンドルが一般的です。

 

 

クロスバイクのドロップハンドル化に改造を試みようとする方が多いようですが、技術的に難しいというのが現状のようです。いろいろネット検索しているといろんな自転車屋さんに問い合わせてみたんだけど、ほとんどの自転車屋さんドロップハンドル化を止められたという話が多いですね。

 

 

自転車のドシロウトだけでなくプロの方でも難しいようです。費用対効果はほとんどないよというのが結論のようです。なので、まっすぐのハンドルを無理やりドロップハンドルにすることはやめることをおすすめします。ただ、最近でははじめからクロスバイクなのにドロップハンドルのついた自転車が売られています!!

 

 

う〜ん・・・なるほど。クロスバイクが乗りたいでも、ドロップハンドルがいいって方にはもうコレしかないでしょう!って感じのクロスバイクです。いろいろ探してみると面白いですね。気になる方はチェックしてみてくださいね。

 

クロスバイクのバーエンドのおすすめは?

 

クロスバイクバーエンドでおすすめはボントレガーでしょうか。まあ実際に自分で握ってみてしっくりくるのが良いと思いますが、わたしはボントレガーのバーエンドがおすすめです。クロスバイクはご存知のようにフラットバーハンドルです。つまりまっすぐのハンドルなんですが、これだと長時間の走行は疲れます。そんな時に利用したいのがバーエンドです。

 

 

わたしがボントレガーをおすすめする理由は、ポジションを少し変えることができるんです。つまり走行時の腕や上半身の疲れを軽減することができます。

 

 

クロスバイクはバーエンドは必ず必要になる日がくると思います。はじめはあまり必要性を感じなくてもロングライドをするとバーエンドがあればかなり疲れが少なくてすみますからね。おすすめです。

 

 

先ほどおすすめしたボントレガーのバーエンドですが、トレックのクロスバイクにバーエンドを装着する際は、サテライトプラスISO Zoneバーエンドアダプターを購入する必要があります。このバーエンドはとても握りやすく少し遠目のポジションで走行がしやすくなると思います。つまり疲れないってことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

関連ページ

クロスバイクで空気圧がkpaって何?
他にもPSI(ピーエスアイ)とかBAR(バール)とかいろいろです。ハッキリ言ってなんでこんなに色いろあるのかなと思ってしまいますね。
クロスバイクの改造・交換などのメンテナンス
クロスバイクの改造や部品交換などのメンテナンスは、始めは難しいかもしれません
クロスバイクキックスタンドのおすすめは?
ちなみに私も同種のものを購入して、とても使いやすかったのでおすすめできます。MTBやクロスバイクに装着でき26インチ・27インチ・700c兼用の汎用スタンドです。

ホーム RSS購読 サイトマップ