クロスバイクの改造・交換などのメンテナンス

クロスバイクの改造・交換などのメンテナンス

スポンサーリンク

クロスバイクの改造・交換などのメンテナンスってできるの?

クロスバイク改造パーツの交換・タイヤ交換など、これまでママチャリに乗っていた方はあまり経験したことがない体験が盛り沢山です。クロスバイクの改造や部品交換などをするとクロスバイクが乗りやすくなります。スピードが増したり、走りが安定したり乗り心地がよくなったりと良いことのほうが多いですね。ただ、初めて改造や部品交換にチェレンジする方は、どうして良いのかわからないことが多いですね。

 

 

クロスバイクの改造や部品交換などのメンテナンスは、始めは難しいかもしれませんが、いろんなクロスバイクのホームページや取説などを活用すればなんとかなるものです。わたしがクロスバイクの改造やパーツ交換で一番参考になったのはYOUTUBEを活用することです。ユーチューブなら自分がメンテナンスしたい内容を、検索窓に入れて検索すれば、結構見つかるものなんですね。なのでもしクロスバイクの改造やパーツ交換でわからないことがあったらユーチューブで探してみましょう。

 

 

私達人間はどんな趣味でもそうですが、ハマってしまうと自分が持っているものに愛着が湧いてきます。するとクロスバイクもどんどん自分仕様に変化していきます。この過程が結構面白いんですね。はじめに購入したクロスバイクを写真をとっておくと、その変貌が分かりやすいので面白いですよ。自分のクロスバイクのホームページを作成してクロスバイクの仲間を作るのもまた面白いかも知れません。クロスバイクの改造も楽しみましょう♪

 

クロスバイクの寿命は?フレームや距離の考察

 

クロスバイク寿命って気になりますよね。特にアルミフレームが気になっている方が多いようです。基本、しっかりとしたアルミフレームであれば壊れることはほとんどないと思います。もちろんこれは一般的な距離を走行した場合ですがヘビィに乗った場合は壊れる可能性はあります。ちなみにカーボン製のフレームだとしても10年以上は大丈夫だと思います。

 

 

クロスバイクのアルミフレームの寿命がきた時にはほとんどの場合溶接にヒビが入るケースが多いです。カーボン製も同じような感じです。他の部品に関してもすべては消耗品なので、徐々に壊れるパーツも出てくると思います。チェーンやワイヤーなどは2年程度で交換が望ましいです。他にもクロスバイクのパーツはたくさんあります。スプロケ・チェーンリング・ディレイラーなどは約5年くらいは長持ちすると思います。

 

 

クロスバイク寿命距離をどれだけ走ったかによって決まります。もしあなたが週一のツーリングのみしか使っていないとすれば、一生乗れると言っても過言ではありません。

 

 

もちろんちゃんとしたメンテナンスとをしてという前提がありますが、クロスバイクはそんなに簡単に寿命がくることはないと思います。クロスバイクの上位版はもちろん、下位のモデルであってもそこそこ持つと思います。

 

 

どちらのクロスバイクの寿命が長いかと言われれば、当然上位版は寿命が長いです。一つ一つの材質が良い物ばかり使用していますので当然ですが・・・いずれにしてもクロスバイクの寿命を考えるなら、大切に乗ってあげれば長く乗れるということですね。

 

 

 

スポンサーリンク

 

関連ページ

クロスバイクで空気圧がkpaって何?
他にもPSI(ピーエスアイ)とかBAR(バール)とかいろいろです。ハッキリ言ってなんでこんなに色いろあるのかなと思ってしまいますね。
クロスバイクのドロップハンドル
クロスバイクのドロップハンドル化に改造を試みようとする方が多いようですが、技術的に難しいというのが現状のようです。
クロスバイクキックスタンドのおすすめは?
ちなみに私も同種のものを購入して、とても使いやすかったのでおすすめできます。MTBやクロスバイクに装着でき26インチ・27インチ・700c兼用の汎用スタンドです。

ホーム RSS購読 サイトマップ