自転車の危険行為の取り締まり強化について

自転車の危険行為の取り締まり強化について

スポンサーリンク

自転車の危険行為の取り締まり強化について

2015年6月1日より道交法が改正されました。これは自転車で事故が非常に多くなっているため、自転車での危険行為を取り締まりを強化するという意味で施行されました。もし危険行為として該当されると摘発されます。そして3年間で2回「危険行為」として摘発されると安全講習を受けなければなりません。

 

 

この改正道交法の施工内容をチェックしていきましょう!主に改正されたのは自転車を運転する際に「危険行為」が14項目が対象となります。ではこの14の危険行為とはどんな行為なのでしょうか?

 

「危険行為」が14項目

・安全運転義務違反
・酒酔い運転
・通行禁止違反
・歩行者用道路における車両の義務違反(徐行違反)
・通行区分違反
・信号無視
・遮断機が下りた踏切への立ち入り
・指定場所一時不停止など
・歩道通行時の通行方法違反
・制動装置(ブレーキ)不良自転車運転
・交差点での優先車妨害など
・環状交差点での安全進行義務違反など
・路側帯通行時の歩行者の通行妨害
・交差点での安全進行義務の違反など

 

受講手数料は一回5,700円

 

14の危険行為に該当する行為を行ってしまうと摘発され、3年以内に2回検挙されると安全講習の受講を義務付けられることになります。そしてこの受講手数料は一回5,700円を支払わなければならず、安全講習は約3時間拘束されるということです。

 

 

安全講習の内容は、交通ルールの理解、そして小テストをした後に事故被害者の体験談・自転車に関わる交通ルールについての講義を聞くことになります。最後に感想文を作成させられるといった内容です。

 

 

この内容であれば、ただ聞くだけの授業ではないですね。非常に良いと思います。ちなみにこの安全講習の受ける場所は警察本部や運転免許センターで、離島となると警察署での受講ということになるそうです。

 

 

万が一受講命令が出ているにもかかわらず受講しなかった場合は、なんと5万円以下の罰金が課せられます!!!2回も摘発されてしまった方はしっかり反省し諦めてちゃんと受講するようにしましょうね。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

関連ページ

自転車でスマホやイヤホンは危険行為で摘発されます!
平成27年6月1日から改正道路交通法の施行に伴って危険な運転行為は取り締まられるようになりました。

ホーム RSS購読 サイトマップ